posted on 2019.5.11

Bill LaBounty – Sleep On It -遅れてしまったAOR名曲-

Bill LaBounty(ビル・ラバウンティ)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身でポップ、ソフトロック、AORのジャンルで活動するシンガーソングライター。1975年、バンド”ファット・チャンス”の一員としてRCA Recordと契約しプロ・ミュージシャンとしてのキャリアを19歳でスタートさせたビル・ラバウンティはソングライティングの才が認められ、ソロ・アーティストとして活動するようになる。西海岸のソウルな音使いよりはジャズやゴスペル、カントリーなどの要素が多く散りばめられ、Bill LaBounty(ビル・ラバウンティ)の歌声も含めAORの冠に相応しい都会的なサウンドを聞かせてくれます。

Sleep On Itは2011年にフランスワーナーの編集により発売された未発表デモ音源を含む4枚組みボックスのアルバム「Time Starts Now」からの1曲。より都会的な方向へ赴きをシフトさせた本来のBill LaBountyが聴ける1曲になっていると思います。

広告

合わせておススメの記事

Tomorrows Tulips- “Mr. Sun”

Kainalu (カイナル)はアメリカウィスコン州出身のプロデューサー、マルチインストメンタルアーティストのTrent Prallによるサイケデリックなファンクレコーディングプロジェクト

Kainalu – Folds Like Origami

  • Kainalu (カイナル)はハワイ語で「波」という意味らしい。引力も重力もすべて体験!音楽万歳日!で7連休。

The Black Seeds – So True

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です