posted on 2019.5.10

Greg Guidry – It’s Only Love (1982) [Released 2000]

アメリカミズリー州セントルイス出身のAOR、ポップロック、ソウル、ジャズのジャンルで活躍したシンガーソングライター。1977年にセントルイスからニューヨークへ行き、CBS Recordsと出版契約を結ぶも他アーティストへの提供やサポートの日々が続いたようです。

全米17位のヒットシングル「Goin 'Down」などシングルのリリースはあるもののフォローアップアルバムのリリースはなく2000年になって初めて未発表音源を含むアルバム「Private Session」がリリースされた。It's Only Love はそのアルバムの中の1曲で録音は1982年。

曲自体も微妙にループ気味でへたくそなラップを聴いているような感覚でもあるがそれがいい意味でMAD。分かり易いところで例えると、ボーイジョージに近い彼のヘミニンな声質もAORの世界ではポジション的に◎。

広告

合わせておススメの記事

横乗りレジェンドにも聴いてほしい!テラスハウスっぽく聞くクラッシックス名曲おススメ!

James Davis – On Me

  • 明日まであと1分、すべての原因も多分その彼方。

Tomorrows Tulips- “Mr. Sun”

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です