ブランド

SHARP EYE SURFBOARDS

サーフボードブランド shapeeye

1988年頃、ブラジル出身のサーファー、マルシオ・ゾウビ (Marcio Zouvi) が、カリフォルニア州サンディエゴで、ラスティ (Rusty)、リンデン (Linden)、アルメリック (Al Merrick) などカリフォルニア発サーフデザインの影響を受けながら、自身が乗るためのボードをガレージでシェイプし始めたのがSHARP EYE SURFBOARDSブランドの始まり。パフォーマンス性豊かなシェイプの評判はサーフ仲間にも瞬くまに広がり、サンディエゴエリアでは一気に知られる存在となり、1992年、Sharpeye Surfboards ブランド として正式に船出したようです。マルシオは最先端の技術や素材に対して非常にオープンで、1992 年の創業時には当時まだ珍しかったCAD システム(コンピュータ支援設計)をすでにボードデザインに取り入れていた一人としても知られているようです。現在でもサーフシーンを賑わすプロサーファーからのオーダーは後を断たないようで、チームライダーも素晴らしい豪華な顔ぶれです。テール形状、フィン、コンケーブなど実績に裏打ちされ削り込まれた多くのラインナップがとても魅了的なショートボードを中心としてサーフボードブランドです。日本に直営の代理店があるのはアフターケアの面でも重要だと思いますし、安心ですね。

SHARP EYE SURFBOARDS オフィシャルサイト

https://www.sharpeyesurfboards.com/

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です